プロフィール

ako

Author:ako
レンタ(♂・4歳)、リリーちゃん(♀享年推定17歳)、モンちゃん(♀・推定10歳)と毎日ゴキゲンで過ごせるよう心がけています。

【リリー天国へ】2011/01/14
【我が家の子たち】
【里親決定】ミケコ 2012/02/19
>
ミケコは無事里親さんが決まりました! 今は一人娘として我が儘に育てていただいております。
カテゴリ
いらっしゃいませ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【診察報告】20110318  

 
 
昨晩、先住犬が体全身に蕁麻疹を発疹した・・・。体中に10円玉程度の少し膨らんだ赤い斑点があちこちに。
 
痛みに耐えられても、かゆみに耐えることは難しい。それは誰よりも知っている。
 
なぜなら、私は母のお腹の中ですでにアトピー性皮膚炎になっており、
大学生になるまでアトピーに悩まされていたからだ。
 
今は紫外線湿疹と戦っている。強い紫外線を浴びると発疹するのだ。
痒くて痒くて我慢できない。
 
先住犬は昨晩から今朝まで体をかきむしり、噛んだりしていた。
私の布団の中に潜っては出て、潜っては出ての繰り返し。
 
何かをして気を紛らわせていたいのだろう。撫でようともそれすらも嫌がる。
触られることで刺激を生むから嫌なのだ。
 
何が原因で発疹しているのかわからないので、ご飯は抜いて体内毒素を少しでも無くすことにした。
 
ありがたいことにようやく今日から自宅待機となったので、朝一番に行きつけの病院へ。
 
予約も取れなかったので時間かかると思っていたら、アララ、すぐに呼ばれた。
 
呼ばれた名前は『K・リリーちゃん。診察室へどうぞ』。
 
リリーが亡くなったの、知ってるくせに、先生。間違ったとしてもうれしかったです。
リリーと一緒に通院していた気分になりました。
 
先住犬の蕁麻疹の原因は特定することはできませんでしたので、
薬の副作用が弱めのものを処方してもらいました。
 
2週間後再診となりました。
 
先住犬の診察代:840円、薬(抗生物質):1,240円、薬(蕁麻疹用):1,400円
〆て3,480円

 
さてさてモンちゃんの番。体重:3.7㌔。と判明。
 
預かってから耳のことで思うところがあったので、
今回モンちゃんも一緒に病院へ連れて行き、診察してもらうことにしました。
 
先生と助手の動物看護士のお姉さんの2人でも暴れるので大変だったみたい。
 
私が前足を抑え、看護士さんが顔を抑え、先生がモンちゃんの耳を広げて耳掃除。
 
今後さらに耳掃除が嫌いになるのは目に見えますね・・・。
リリーのときもそうだったけど、やはりなという診断でした。
 
『耳道の奥の方にイボが出来ているので、普通の子よりも耳の中が蒸れやすく、
耳垢がたまりやすいので注意が必要です』
 
頻繁に病院へ来る必要はないですが、耳掃除だけでも来てやらないと私ひとりの力では
 
耳の中をきれいにしてあげることは難しいことがよくわかりました。
 
耳の匂いから「もしかして・・・?」と思っていたんですが、ビンゴでした。
 
モンちゃんの診察代:840円のみ(爪切・肛門腺絞・耳洗浄含)
 

 
我が家の先住犬・モンちゃんも地震を体験してから、精神的に落ち着きがありません。
 
私の姿が視界から消えると怖いみたいで、必ず体の一部をぴったりくっ付けてきます。
 
モンちゃんは勝手に膝の上に乗ってきますが・・・。
 
夜も夢でフラッシュバックしているのでしょう、いきなり起きあがることがあります。
 
そのたびに私の存在を確認して「よかった~」という表情をして、また眠りに就きます。
 
この恐怖心が消えるまで時間が掛かるかもしれませんが、
 
少しでも「大丈夫だよ」と声を掛けて、体を優しく撫でて安心させてあげられるよう心がけています。
 
 
あまり被害の出ていない東京の一角に住むワンコ2匹だけでもこんな状態なのですから、
 
被災地にいるご飯もない、家もない、雪の寒さに耐えている動物らを思うと胸が苦しくなります。
 
酪農家もいたことでしょう。牛は?羊は?山羊は?鶏は?
 
人間側の報道がクローズアップされていますが、動物らにも目を向けてほしいです。
 
最後に、未だ余震が続く毎日ですが、被災者の方、被災地で取り残されている動物たちが
 
一日でも早く安楽の地を見つけられますように。
 
心から祈っております。
 

画像は本日診察帰りのワンコ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。