プロフィール

ako

Author:ako
レンタ(♂・4歳)、リリーちゃん(♀享年推定17歳)、モンちゃん(♀・推定10歳)と毎日ゴキゲンで過ごせるよう心がけています。

【リリー天国へ】2011/01/14
【我が家の子たち】
【里親決定】ミケコ 2012/02/19
>
ミケコは無事里親さんが決まりました! 今は一人娘として我が儘に育てていただいております。
カテゴリ
いらっしゃいませ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日2  



朝10時30分火葬場に。本当は夕方まで一緒に居たかったのですが、やはり寒くなって体調を崩した動物たちが多く予約がいっぱいでした。

ペットの葬儀は私は地元のVIPペットサービスさんにしました。自宅から歩いて30分。車で5分のところです。葬儀も個別・合同葬から選べます。こちらは里親捜しや路上で亡くなった動物の火葬をボランティアで行っているいらっしゃいます。そういうこともあり選びました。

リリーを見送る時はやはり辛かったです。もう触れない、リリーの香り、あの柔らかい髪の毛を撫でられない、キスしてあげられない…、キリがないですが本当に辛かったです。でも涙は出ませんでした。だってリリーは朝一番に『ありがとう』って私に伝えてくれたのですから。リリーの気持ちが私を包んでいたので不思議と涙は出ませんでした。

それから約一時間経たずにリリーは私の元にやってきました。しっかりした骨でした。画像中央がリリーの頭です。ある程度の骨は葬儀場の方が拾ってくださり、大きな骨は私と母が拾いました。人間の骨は病気の部分は色が変わっていると耳にしますが、リリーはすべて綺麗でした。つまり内臓が悪かったということかしら。

リリーの骨をすべて拾いあげ、オリジナル骨壷に納められました。家に仏壇がないのですが、居間に置くことを決めました。居間にいる時間は多いですから。

その日の夕方、リュックにリリーの骨壷を入れ、前で抱えた状況で散歩に出ました。リリーが生きていた時と全く同じ状況に。少し軽く感じましたが、リリーが腕の中にいるような気がしました。


リリーお世話させてくれてありがとう。ゆっくり休んでね。愛してるよ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。