プロフィール

ako

Author:ako
レンタ(♂・4歳)、リリーちゃん(♀享年推定17歳)、モンちゃん(♀・推定10歳)と毎日ゴキゲンで過ごせるよう心がけています。

【リリー天国へ】2011/01/14
【我が家の子たち】
【里親決定】ミケコ 2012/02/19
>
ミケコは無事里親さんが決まりました! 今は一人娘として我が儘に育てていただいております。
カテゴリ
いらっしゃいませ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【診察報告】20081113


診察報告

本当は父が病院へ連れて行ってくれる予定だったのですが、父のいとこが急に亡くなったので、お休みを無理矢理貰って病院へ。

診察してすぐに前肢を触った獣医師に噛みつこうとしたリリー。いつもなら絶対しないのにね・・・。先生もビックリしてました。「怒ると怖いんですね(苦笑)」。ええ、年季が入って滅茶苦茶怖いんです・・・。


・体重:4.4kg(-0,1KG)
→御飯を70gあげているのに体重減。先週土曜日から毎日体重を計っていても確かに少しずつ減っているので変だなぁと思っていたのです。

獣医師曰く、「今与えている腎臓サポートはたんぱく質をかなり抑えている食事なので、もしかしたら必要なたんぱく質が足りないために、体内脂肪を消化している可能性も考えられます」。

尻尾の先端も黒くなってきたことを伝えたら、「栄養分が足りないと黒ずんでくるんです。たぶんたんぱくが足りないんだと思います。」

血液検査より蛋白欠乏かどうか判断してもらうことになりました。

・皮膚の赤み
先週の土曜日から(リリーと一緒にいる時間だけですけど)お腹周りを舐めるときを観察していて、食事後やお散歩後によく舐めているのに気がつきました。以前は頻繁に舐めていたんで分らなかったんです。
そのことを伝えたところ、「もし痒いという理由ではなく、(舐めるのが)習慣づいてしまっているのならば、薬でどうこうしても治りません。今の皮膚状態を見ると赤みが落ち着いているので、ステロイドの量を徐々に減らしていきましょう。それで赤みが増すようならば、また別の薬を使っていきましょう。年齢や心臓の負担を減らすためにも、この薬は使用しない方がいいので、なるたけ使わない方向に持っていけるといいのですが・・・」との事。

仕事柄、薬事に関する記事を見ることがありまして、ちょうど「アトピー性皮膚炎」の記事を読んでビックリしたことがありました。

「長年アトピーを患っている患者さんの皮膚生検をしてみたところ、悪性リンパ種だったり、金属アレルギーだったり、腎臓を患っていたために皮膚に赤みを帯びていたケースもあります」

という内容でした。先週まで首下のリンパが腫れていたリリーを思い出して、心配になっていました。でも皮膚状態は落ち着いているようなので、また来週様子をみて、悪くなっているようならば、その記事を先生に見せて判断を仰ぎたいと思います。


いったん診察を終えて、血液検査結果を待つことに。その待ち時間にマルコ・ブルーノさんと会いまして、しばし談話。

マルコさんが山梨から引取った雑種ワンコ(たぶんビーグル犬ミックス)が18歳になって腎臓を患い、毎日点滴を打ちにやってきているそうです。まったく吠えない、ご主人様命のワンコ。しばらくマルコさんと話していたからか安心して撫でさせてくれた。嬉しそうに目を細めて撫でさせてくれた。

病院内にはマルコさんが里親さんを探しているワンコの写真があった。私が一番気にしているワンコについて聞いてみたところ、「雑種・大型犬というだけで今は里親さんが見つかりにくくなっている。それにこの子も2歳ではなく、もうそろそろ4歳になるから、余計見つからないかも・・・」と。

他にもワンコの飼い方がなっていない、日本の悲惨な現状について語りあっていました。本当に悲惨なワンコが増えませんようにと願うだけです。

そうこうしている間に血液検査の結果が出た。マルコさんに挨拶をして診察室へ。

・血液検査結果
BUN Test 平均値(7-27)のところ、13 =正常 ・・・今のところ蛋白欠乏ではないそうです。


・尿検査
今日は尿検査のシャーレ画像を見させていただきました。「ストラバイトの結晶があるんですが・・・」の言葉に「なんで~?????(泣)」と思ったのですが、「ほとんど溶けているんですね。だから問題はないと思うんです。ストラバイトを完璧に無くならせる生活は、(リリーの)年齢や生活環境から考えても難しいし、ほぼ溶けている状態から考えると、尿自体、落ち着いていると言って良いと思います。今与えている腎臓サポートの方が、(リリーには)適しているんですが、体重減のことを考えると「c/d」に変更した方がいいかもしれません。今与えている量は体重7-8kgの子が体重維持できる量なんですね。それでも体重減ということはたんぱくが足りない可能性が高い。だから体重を適正に戻すためにも、尿検査でストラバイトの結晶が微々たるものですが、存在していたということをも踏まえて、c/dを与えてみてください」

ということになりました。冷蔵庫で眠っているc/dが無駄にならなくて済みました。

体重・尿・皮膚の3点が様子見になりましたので、また来週再診に。実はシェルターに行こうと思っていたのですが取りやめかもしれません・・・。スクールにも行かねば・・・。体2つあればいいのに・・・。


本日の診察代
診察料 840円、内服薬10日分(ステロイド)1000円、内服薬(抗生剤)250円、血液検査 966円、検尿検査 525円 〆て3640円也。


今までのワンコ部屋も日が当たっているのですが、今日から日当たりの良いお客様部屋をワンコ部屋に変更しました。これまで畳部屋なので使用するのを控えていましたが、冬到来まであと少し!体温調節の難しいリリーを考慮しまして解禁~♪

あ、そろそろリリーはダンシングベイベになるやもしれません。尿モレが酷いので・・・。気がつくと足裏が冷たい・・・。ふと見るとリリーのお尻からポタポタ垂れているじゃないですか!病院でも締りが悪くなってきているのかもと言われました。ただリリーはダンシングベイベになるのを断固拒否していました・・・。噛んでくれましたもん。痛い・・・。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。